2018年12月21日

不明漏水の現場です!

こんにちは!竹内です(^^)/

今回は不明漏水の現場ご紹介します。


今回お問い合わせ頂いたお客様は、水道局の方から漏水の疑いがあると通知が来て、水道料金が急に上がった為漏水に気が付いたそうです。

不明漏水はどこから漏れているのか分からない為、水道の職人さんで漏水部分を探すところから工事が始まります。
漏水部分も、目で見える部分での漏水ではなく、地中管から漏れていると見つけるのに時間がかかります。


職人さんにどこから漏水しているのか検査して頂き、漏水していると思われる部分の地中管を探していきます!



↑地面を掘って地中管を探してます↑


建設時の配管図があると大体の場所がわかりますが、今回の現場は改装やリフォームを大きくされており配管図面がありませんでした。
また、水道メーターの位置も建設当初の位置から変わっており、おおよその位置から掘り進めました。

今回の現場では掘り進めて、漏水箇所を見つけるまで約2日間かかりました。



↑漏水部分です↑

漏水部分は岩の真下でした!
漏水部分を修理するのに岩をどける必要があり、岩をどけるために岩の裏に設置されている室外機を一時取り外さなければ作業が出来ない状況でした水滴
まず、室外機を職人さんによって一時取り外して頂き、その次に外構の職人さんで岩の撤去をしていきます!


不明漏水は一日で漏水部分を見つけ修理出来る場合もありますが、漏水部分を探し出し修理するのに1週間や2週間、それ以上かかる場合があり、様々です。


次回、漏水部分の修理工事中をご紹介したいと思います!


住まいのリフォーム ヤマハナ (豊田市)
竹内 彩野うさぎ



Posted by リフォーム ヤマハナ at 19:18 │コメントをする・見る(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。