ブーログ › 豊田市の住宅リフォーム ヤマハナのブログ『ありがとう』 › 倹約のススメ › 一本の釘が、大きなことに・・・雨漏りにみる「倹約のススメ」2
2012年03月23日

一本の釘が、大きなことに・・・雨漏りにみる「倹約のススメ」2

前回のブログで、雨漏りのことを書きました。

今回は、
「天井裏を見たら、こんなことがありました」という
実例をお話します。


「2階の天井から雨が漏れるので見て欲しい」
ご連絡を受け、
見に行ってみると洋間の天井から雨が漏れていました。

電球ポイント!
雨漏れを直す確実な方法は、漏れた跡があるうちに専門家に相談することから
元気



この家の屋根は、カラーベストという、
軽量で、重ね合わせて釘を使ってうちつけていくものでした。

洋風の家や、輸入住宅に、よく使われる屋根材ですね。


押入れの上に天井裏へ上がる点検口があり、
登ってみると、
打ち付けてある釘を伝って、雨が入り込んでいました。

屋根の上からでは、ひび割れの様子もなく、
どうやら一度塗り替えされた際の施工方法に問題
あったようです。

表面が割れていないにもかかわらず、
中に水が侵入するようになってしまったようでした。

このケースでは、すべて屋根を剥がして、
張りかえることでしか直すことができなかったのですが
結果的には、
屋根も軽量化され、喜んでいただくことができました。


このように、雨漏れは外からだけではわからないケースも多々あります。

天井や壁にシミ・・・

症状が出たら早め早めに専門家に相談されることをおススメします。

そして、一番おススメしたいのは、“症状が出る前に”、です。

屋根の異常を発見するのは難しいかもしれませんが、
外壁の異変(少しのヒビなど)が
少しでもあったら、すぐに
対応すると、結果的に雨漏りも予防でき、
外壁以外の工事をしなくていいので
“倹約”になりますウィンク

では、また・・・元気

-----------------------------------------------
▼雨漏りの心配がなくなった という施工事例
施工前

施工後



------------------------------------------------
リフォームに興味がない人のための
今後の倹約のススメ!

by 豊田密着リフォーム ヤマハナ

という小話を書いています。

鉛筆第1話 「築10年、まだリフォームに興味はない。」
鉛筆第2話 「外壁塗装:少ない予算で、大切な家を長持ちさせる」
鉛筆第3話 「天井や壁にシミ?? 雨漏りにみる「倹約のススメ」1」





同じカテゴリー(倹約のススメ)の記事画像
外壁にヒビ「塗っておけばよし」と 思ってる・・・
天井や壁にシミ?? 雨漏りにみる「倹約のススメ」1
築10年、まだリフォームに興味はない。その2
築10年、まだリフォームに興味はない。
同じカテゴリー(倹約のススメ)の記事
 外壁にヒビ「塗っておけばよし」と 思ってる・・・ (2012-04-15 19:52)
 天井や壁にシミ?? 雨漏りにみる「倹約のススメ」1 (2012-02-24 15:36)
 築10年、まだリフォームに興味はない。その2 (2012-01-23 09:00)
 築10年、まだリフォームに興味はない。 (2012-01-12 09:57)

「倹約のススメ」カテゴリーを一覧で見る

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。